FC2ブログ

長谷部恭男氏・小林節氏が会見・政府を痛烈批判

日記
06 /16 2015
管理人です。

憲法審査会での戦争法案「違憲」断定で、今や話題の中心人物となっている長谷部恭男氏・小林節氏が15日、会見を開き、痛烈に政府と戦争法案を批判しています。BLOGOSが詳細にその会見内容を伝えていますので、ご紹介したいと思います。是非、お読みください。

【詳報】「安全保障法制は違憲、安倍政権は撤回を」〜長谷部恭男氏・小林節氏が会見

お二人はこの分野では日本の最高レベルの学者ですし、小林氏は日本の保守の事情に通じておられますので、お話はまさに現在の問題の本質をついていると思います。小林先生の、以下のお話など、まさに痛烈(痛快)ですね。

小林教授: 「(この法案は)撤回すべき。違憲というのはもちろんですが、恐ろしいのは、憲法違反がまかり通ると、要するに憲法に従って政治を行うというルールが無くなって、北朝鮮みたいな国になってしまう。キム家と安倍家がいっしょになっちゃうんです(会場から笑い)。これは絶対に阻止しなければならない。そして、安倍さんの言うとおりにすると、自衛隊はアメリカ軍の二軍になってしまって、その結果日本は傷ついた上に破産してしまいます。だから何一つ良いこと無いんですね。撤回しないならば選挙で倒すべきだと思います。」

ネットでは他に、東京新聞がこの会見について伝えていました。

「欠陥法案 直ちに撤回を」 参考人学者2氏が会見

憲法審査会で、3人の憲法学者が揃って「違憲」と断定したことによって、明らかに潮目が変わってきていると思います。みんなの力で、「違憲法案」は絶対に廃案に追い込もう!

(2015-6-16)