FC2ブログ

その名は“藪枯らし”

日記
06 /20 2015
 この名前をつけられて、うれしいかは知る由もない。この“藪枯らし”、実に厄介。雑木林などで共生、競い合う自然環境ならまだしも、植栽されたものにも旺盛につるを伸ばし、覆い尽くし、根っこは地下縦横に蔓延り、枯らしてしまう。だから、公園などでは厄介もの扱い。採っても、採ってもシブトク生き残る。悠長に考えると、“藪枯らし”にも「生きる権利はあるのだし」と妙な気持ちにもなる。「藪をも枯らす」その名の所以だ。

藪枯らし

 我家の前、川沿いに150mほど、5~8m幅の遊歩道公園があり、市民から散歩に良く利用されている。私が仕事で忙しくしている頃は、つつじやさつきが一部枯れてしまっても、夏の水不足の精なのかと、何気に見ていた。それが“藪枯らし”の仕業と最近知った。

 年に二度、市公園課から委託された園芸業者が雑草採りをするのだが、それだけで雑草が生えるのを防ぐことは出来ない。その結果“藪枯らし”が繁殖する環境を与えてしまったらしい。もちろん市にクレームをいれ、雑草採りの回数を増やすことは出来るかもしれない。でも、それは税金を余計に使うこと、限られた税金なら、医療や介護、子育て支援など、福祉に回したいもの。

 そこで、汗をかき自分の健康のためと、よせばいいのに“藪枯らし”退治を始めてしまった。三日坊主の連続、義務にならないよう「出来るときに、出来るだけ」と決めた。とはいえ、地下に縦横に蔓延った“藪枯らし”は手強く、次から次へ遠慮なく生えてくる。蔓延った根っこ、時折、親指ほどの太さ1mぐらいあるのを引っこ抜き、「やった」とばかり、ひとり、小躍りするものの、退治には「不断の努力」が必要なことを思い知らされている。

 雑草とひと括りにされている植物を、私は全て抜き取るつもりはない。雑草の中に可憐なネジバナなどを見つける楽しみもあるのだ。逞しく精一杯に生きて名もある植物たちである。しかし、それは公園の性質上、許容の範囲について意見が分かれるところかもしれない。これらの行為は、全て、私の勝手なのだ。

 “藪枯らし”の根っこを引っこ抜きながら、私の脳裏をよぎった言葉「不断の努力」、私には程遠い。しかし、今ほど、「不断の努力」の意味を噛みしめ、意識したことはない。「憲法、第12条、この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」、今まさにこのことが問われ、そして奪われようとしている。

 立憲主義、国民主権を覆い尽くす、“安倍・藪枯らし”、これを間断なく、引っこ抜く。改めて、自分たちの権利を堅持し続けるには、「不断の努力」を怠ってはならないのだと、強く思う。

 「6月24日の戦争法反対・国会包囲作戦」、今度は、国民が“藪枯らし”となって「戦争法は違憲!」の声で覆い尽くそう。沖縄、辺野古に基地をつくらせない闘いには、3万5千人が集まった。首都圏なら、せめて、10万人以上で埋め尽くし安倍政権を追い込みたい。姑息に維新との駆け引きが出来ないよう、ここは正念場、声を掛け合い、ひとりでも多く参加し、廃案にしていこう。
 
(2015-6-20 by 湘南のおてもやん 木村えい子)