FC2ブログ

地震大国日本に原発はいらない

日記
03 /26 2014
 「日本は地震大国」と良く言われるが、他の国と比較してどのくらい(何倍くらい)地震が多いのだろうか。気象庁のデータを使って簡単な計算をしてみたので、「数字は苦手」という方もしばらくの間、おつきあい願えればと思う。

 以下の気象庁のホームページによると「世界中で起こっている地震の10%は日本で起こっている」とのこと。これは「発生件数」で比較した数字である。

気象庁ホームページ(よくある質問集/地震について)

 この発生件数「10%」という数字を使って、日本と日本以外の国とで「地震の起こりやすさ」を比較するには、「単位面積当たりの地震発生件数」を計算しなければならない。そのためには「日本の国土が世界の陸地面積のうちの何%を占めているのか」という数字が必要になる。

 こういう数字を探すのにはネットは大変便利なもので、以下のWikipediaの記事によると、日本の陸地面積は世界中の陸地の0.25%にあたるようだ。

Wikipedia(国の面積順リスト)

 以上の数字があれば、日本と日本以外の「単位面積当たりの地震の発生頻度(相対的な「地震の起こりやすさ」)」を計算することができる。

・日本の単位面積あたり地震発生頻度=0.1(発生件数比で10%)/0.25(面積比)≒0.4

 一方、日本以外の陸地では残りの90%の地震が起こっていて、その面積は99.75%なので、、

・日本以外の面積あたり地震発生頻度=0.9(発生件数比で90%)/99.75(面積比)≒0.0090

 上記の計算結果を日本と日本以外で比較してみると、

・日本での地震の起こりやすさ=日本での地震発生頻度÷日本以外での地震発生頻度=0.4/0.0090≒40.40(40.40倍)

 以上、大雑把な計算だが「日本における地震の起こりやすさ」は他の国と比べて約40倍という結果だ。これを別の表現で言い換えれば「他の国では4000年に一度起こるような大地震が、日本では100年に一度起こる」ということになる。「日本がどのくらい、他の国よりも地震が多いか」を少し、感じていただけただろうか。

 これはもちろん、ご存知のように日本が「北米プレート」、「ユーラシアプレート」、「太平洋プレート」、「フィリピン海プレート」という4つのプレートが交わる地点の真上という、地球物理学的にきわめて特異な場所にあるからだ(詳しくは以下の気象庁ホームページを参照)。

気象庁のホームページ(地震発生のしくみ)

 これこそ、日本が「地震大国」と呼ばれる所以である。こんなに地震の多い国には、原発は全く適さない。

(2014-3-26 by 山猫軒)