「今なら、まだ間に合う。棄権(白紙委任)は危険です!」

日記
12 /13 2014
選挙戦もあと2日。今日は相模原市内、橋本駅など各駅頭、最後は相模大野駅西口デッキで市民の皆さんに政策を訴えました。

2014-12-12街宣

今なら、まだ間に合う。

棄権は白紙委任と同じ。マスコミ報道が「自公圧勝」と伝えているが、その流れを何としても食い止め、「一強多弱」の状況を打ち破って、論戦が飛び交う、緊張感のある国会の場にしていこう。暴走する安倍政権に対案をもって軌道修正を迫ることが出来るのは社民党です、と訴えています。そして何よりも、子どもたちに「安心の未来をバトンタッチ」していこう、そのために「比例区は社民党へ」と呼びかけています。

マスコミ報道のように、本当に「自公圧勝」ということになれば、先日も書いた通り、安倍政権は「国民の信頼を得た」とばかりに戦争のできる国作り、原発の再稼働と輸出、TPPへの参加、消費税増税、労働法政の改悪などに突き進むでしょう。それはまさに「悪夢」です。

そんな事態を何としてでも防ぐため、今回、社民党は小選挙区において「民主党」「生活の党」との間で野党間の競合を避けるため、一定の「支援・協力」を確認して闘っています。したがって社民党を支持してくださる皆さんは、選挙区に社民党候補がいない場合は「民主党」「生活の党」の候補を支援し、比例区については「社民党」と書いていただきたいと思います。

本日の東京新聞のウェブ版に、このような記事がありました。

「選挙後」見据え一票を 寄稿・小林良彰慶大教授

この記事で重要な個所は『選挙が終われば、今回の衆院選で大きな争点になった問題もそうではない問題も併せて、私たち有権者は選ばれた政治家に決定を委ねることになる。その結果、日本の将来を大きく左右する決定が下される可能性もある。その時になって、「その問題については負託していない」と言っても後の祭りである。まずは投票所に足を運ぶことが、私たち有権者にできる何よりの選択である』という部分です。

「棄権」は「白紙委任」を意味します。今回、「棄権」は「危険」です!

この記事で小林教授も指摘されているように、今回の選挙では、前回「第三極」として注目されたみんなの党や維新の党に投票した層をどこが取り込むか、が大きなポイントと思われます。

各報道機関の調査によれば、終盤戦になっても有権者全体の半数近くは、まだ投票先を決めていないとのことです。ですから、投票率次第では何が起こるか分かりません。最後まで、社民党に対する支持を広げるために政策を訴え続けることが重要だと思います。

明日、最終日は川崎を皮切りに、横浜全域を回って最後の訴えをしてまいります。あと1日、全力でかけ抜けます。皆さまのご支援をよろしくお願いします!

(2014-12-12)