FC2ブログ

「安倍政権にストップ!」それが出来るのはあなたの一票です

未分類
12 /13 2014
今回の選挙運動最後の日。午前中は川崎駅前と横浜駅西口で街頭演説。福島みずほ参議院議員・社民党副党首が応援に駆けつけてくれました。

2014-12-13-街宣

午後は、新杉田駅頭で街頭演説の後、弘明寺商店街を「ねり歩き」。多くの市民の皆さんと握手し、暖かいご支援の言葉をいただきました。本当に有難いことです。

今回の選挙運動を通じて良く聞いた市民の皆さんのご意見として、「自民党だけが強い現在の状況は良くない。社民党にも頑張って欲しいが、野党全体がもっと強くならないと」ということがありました。

全くその通りです。安倍政権の2年間、自公政権は数に奢り、国会では国民生活や日本の未来に大きな影響を与える重要な法案についても、まともな論戦が行われていません。その一番の例は「日本の民主主義が死んだ日」とも言われた、昨年12月6日の特定秘密保護法の強行採決です。多くの重要な法案がろくに議論もされず、日本の民主主義は機能していません。

一方で、「自民党が強い方が『決める政治』ができて良い」「政治は『実行力』があるほうが良い」という人がいます。そういう人たちは、その「実行力のある政権」がナチスのような政権だったら、どうするのでしょうか。

政治には常に対立点があり、対抗する勢力があって、その間で真摯な議論が行われるからこそ、民主的な社会の運営ができるのです。民主主義は、必然的に時間のかかるプロセスです。その民主的な議論の手続きを「面倒くさい」「決められない政治」「実行力がない」といった言葉で切り捨てるような社会は、すでにファシズムに近づいているのです。

言葉だけの、幻想の経済政策である「アベノミクス」を隠れ蓑に、集団的自衛権行使を容認し、日本を「戦争のできる国」にしようとしている危険な安倍政権に、これ以上の暴走を許してはなりません。社民党はこれまでも、安倍政権のゴマカシを暴き、その誤った方向を変えさせるために、正面から論戦を挑んできました。

社民党はこれからも、堂々と安倍政権に対峙していきます。今度の選挙では、そんな社民党に、皆さんの力で議席を与えてください。明日の投票、迷うことなく、比例区には「社民党」とお書きください。よろしくお願いします。

今回の選挙は、日本の未来を決める重要な選挙です。

1.「格差が拡大し、国民生活が破壊され、国債が暴落して国家破たんを招きかねない経済政策(アベノミクス)」か、「雇用の立て直し、所得アップによる内需拡大、税制の抜本改革を通じたボトムアップの経済政策」か。

2.「集団的自衛権行使を容認し、憲法を改正して、日本を戦争のできる国にする」のか、それとも「平和憲法を堅持し、領土問題は外交的努力によって解決する、辺野古の新基地は断じて作らせない」政策を進めていくのか。

3.「原発を再稼働し、原発を輸出する」のか、「再稼働を認めず、脱原発社会の実現を目指し、再生可能エネルギーを促進する」のか。

4.「TPP参加を促進する」のか、「TPP参加に反対し、農林水産業と地域社会を守っていく」のか。

日本の進路を誤らせたくない。平和国家日本を、これからも堅持していきたい、と思う方は迷うことなく、比例区は「社民党」とお書きください。決して棄権はしないでください。棄権は白紙委任と同じです。

たかが一票、と思わないでください。あなたのその一票が、安倍政権をストップさせることも出来るのです。じっくり考えて、明日は必ず投票に行ってください。

なお、このブログでこれまでお伝えしきれなかった社民党の政策は、以下のサイトに公開されていますので、是非、投票前にお読みください。

社民党衆議院選挙公約2014


      まなざし

  見えないものから、読み取り、未来を展望する、まなざし
    状況を切りとり、過去から学ぶ、まなざし
  理論だけでなく、人の心にふれる、まなざし
    自然のなかに、身を置く、まなざし
 
                    きむら えいこ


(2014-12-13)