FC2ブログ

安全保障関連法案(戦争法案)は「違憲」

日記
06 /05 2015
衆院憲法審査会の参考人質疑で、3人の参考人全員が「現在審議中の安保法案は憲法違反」と断定し、大きな話題となっている。参考人はいずれも著名な憲法学者たちであるが、自公が招いた長谷部恭男氏までが「安保法案は違憲」と断定したことは、与党にとってはまさに青天の霹靂であったろう。

安保法案 参考人全員「違憲」 衆院憲法審 与党推薦含む3氏(6月4日夕刊)

「安保法案9条違反」憲法審参考人が見解 「違憲立法」論戦焦点(6月5日朝刊)

何故、与党が長谷部氏を招いたのか不思議だが、長谷部氏が90年代に「自衛隊合憲論」を唱えたり、特定秘密保護法案に賛成を表明したり、といった点を評価したのかもしれない。しかし、氏は護憲派ではないが、単純な改憲派でもない。日本の憲法学者の中でもユニークな方だと思うが、今回の閣議決定や、それに基づく安保法案は、どう見ても近代立憲主義を逸脱しているわけで、それを看過することは近代憲法学を否定することになりかねず、憲法学者としては到底認めるわけにはいかない、ということなのだろうと思う。

筆者は長谷部氏の本は読んだことがないのだが、「弁護士ドットコム」に、このような記事が掲載されていた。

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」

民主党が招いた小林節氏は、もともと改憲論者として有名な方だが、最近の解釈改憲や安保法案(戦争法案)の動きに一貫して反対しておられる。以前、「96条改憲」が話題となったときは、「そんなカンニングのような姑息な手段はダメだ、改憲を本気でやるなら、真正面から2/3を取れるような議論を展開するべき」といったことを言われていたと記憶する。小林氏は、現政権の「言葉のゴマカシ」にも手厳しい。「後方支援は特殊な概念だ。前から参戦しないだけで戦場に参戦するということだ。言葉の遊びをしないでほしい。恥ずかしい」と。

現政権の特徴はまさに、「言葉のすり替えで本質(危険性)を隠す」ところにある。如何に言葉でごまかそうと、戦闘中の軍隊の後方支援や、戦争継続状態での機雷掃海は武力行使・戦闘行為そのものだ。

もう一人の憲法学者、笹田栄司氏はどのような立場の方なのか分からないのだが、改憲を主張している維新が招いた学者であることを考えれば、「護憲派」ではないのだろう。とすると今回、「安保法案は違憲」と断定した3人の憲法学者は、いずれも「護憲派」の学者ではないということになる。

つまり、現在の事態はもはや「護憲・改憲」という対立ではなく、憲法学の観点からみれば、いわば「ルール違反」状態である。だからこそ、このような事態は学者として看過できないと、この3氏に限らず多くの憲法学者が「安保法案反対」の声を上げているのだ。

「ルール違反」を繰り返す現政権には、早急に退陣してもらうしかない。今回、3氏が明快に「違憲断定」してくれたので、今後は「違憲立法」論戦が国会での焦点の一つとなる。「『違憲立法』だったら、廃案しかない」と皆で声を上げていこう。

(2015-6-5)